血管年齢検査

血管(特に動脈)の柔軟さを調べることで血管年齢を測ることができます。血管が硬くなると、動脈硬化症による心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる重大な病気の発症リスクが高まります。血管年齢を知ることで、大事に至る前に、治療・改善することができます。

 検査について

当院では、「CAVI(キャビィ)検査」と呼ばれる方法で血管年齢を検査します。あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。診断結果もすぐに出ます。

ページトップへ